生コラーゲンの美容液って、なんかよさそう

口コミサイトで人気化粧品のランキングを見ていたら、生コラーゲン美容液というのがいくつかランクインしているのに気づきました。

正直にいうと、今までコラーゲンの美容液なんていうのがあるということさえ知りませんでした……。

しかも、コラーゲンと生コラーゲンは別物だそうです……。
そんなの常識で、知らないのは私だけなのかな。

知らないままなのもアレなので調べてみたら、
「化粧品で一般的に使われているコラーゲンは、角質層まで浸透しやすいように、分解されている。でも分解されているせいで、保水力が落ちる」

「生コラーゲンは、人間のお肌にあるコラーゲンと同じ形のままなので、保水力がすごい」
ということみたいですね。

解説を読んで「フーン」と思っただけなので、ただしく理解できてるかどうか、あやしいですけど。

一般的なコラーゲンより保水力がすごいってことで、ぜひ試してみたいと思いました。

でも、生コラーゲンは保水力がすごい一方で、「角質層まで浸透しにくい」というデメリットもあるみたいです。

生コラーゲンは分子量(サイズ)が多きので、浸透できずに肌表面に残ったままになりやすいそうです。

そこで、浸透しやすくするための工夫がされている商品も多いです。

せっかく生コラーゲン美容液を使うなら、浸透しやすい方がうれしいですよね。

ただ、「浸透しやすくするための工夫をした生コラーゲン美容液」の場合、「ただの生コラーゲン美容液」とくらべると、お値段が……。

「効果を考えれば値段にも納得」みたいな口コミも多いみたいですけど、私の場合は迷っちゃうなぁ……。

普通の生コラーゲン美容液にするか、浸透しやすい生コラーゲン美容液にするか、もうちょっと慎重に考えてから決めたいと思います。